任意売却のメリットやデメリットを確認しよう

ローンの残った物件の売り方

ローンが残っているマンションなどの物件は、安くでしか売れません。ですが、任意売却をすることにより、競りなどに出されるよりも、高く売れる可能性が上がります。ここからは、任意売却のメリットについて解説していきます。

任意売却のメリット

男女

市場価格に近い値段で売れる

競売では、市場価格とかけ離れた金額で取引されることも珍しくありません。なので、支払いが終わっていないローンが残ってしまう可能性があります。ですが、任意売却は相場に近い金額で取引が行われるため、ローンが無くなる期待が持てます。

引越しなどの調整が可能

競売で売れた場合は、すぐに強制退去させられてしまうこともあります。ですが、任意売却だと、引越しなどの条件を話し合うことができるので、少しだけ猶予がもらえます。余裕を持って引越しを行えるというメリットがあります。

費用が掛からない

競売には、落札されるまで遅延霜害金が掛かってしまいます。なので、早めに売らないとどんどん利益が減ってしまいます。ですが、任意売却は債務者が費用を負担することはないので、安心して取引を行うことができます。

任意売却のメリットやデメリットを確認しよう

婦人

任意売却のデメリット

基本的に、任意売却の交渉は、代行業者に依頼します。なので、代行業者に多少なりとも手数料が取られてしまうことです。ですが、競売によって少しの利益しか得られないのに比べると大したことない手数料です。

内観

了承が得られないこともある

ローンを組んでいる銀行や信用機関などの了承が必ず受けられるとは限りません。もし交渉が失敗してしまった場合は、任意売却を行うことが不可能になります。その場合は、潔く競売に切り替えましょう。

住宅模型

任意売却はいつから行えるか

住宅ローンの滞納が、3~5カ月間続いてしまうと、ローンを組んでいる会社から、書類が送られてきます。その書類には、期限利益の損失という内容があります。この内容の書類が届くと、任意売却の交渉を行うことができます。

レディ

迷ったら相談しよう

任意売却を取り扱っている業者は、大阪をはじめ全国にたくさんあります。なにか気になることや相談があれば、気軽に問い合わせしてみましょう。きっとあなたの力になってくれるでしょう。

まとめ

競売にかけるより任意売却の方が高値で売れやすいです。ですが、ローン会社の承認が必要になります。交渉をしてくれる仲介業者を利用しましょう。

広告募集中